注目の記事 PICK UP!

SugarDaddy(シュガーダディ)の本人証明・年齢確認の方法

 
シュガーダディ

SugarDaddy(シュガーダディ)で相手にメッセージを送るには年齢確認(本人証明)をする必要がありますが、その際にどういった手順で何が必要なのかを解説します

おすすめのパパ活サイト管理人おすすめのパパ活サイト

そもそもなぜ年齢確認が必要なのか

なぜ年齢確認が必要なのか

簡単に言うと「出会い系サイト規制法」という法律があって、18歳未満は恋愛系のサービスを利用してはいけないようになってます

なので、どのアプリやサイトでも18歳以上である事の証明として年齢確認が必要

年齢確認(本人証明)の方法

年齢確認(本人証明)の方法

シュガダの年齢確認の手順としては、まずマイページから↑の「本人証明」をタップ

シュガダ証明写真を選択

次に以下の公的証明書(4種類)のいずれかをアップロード

  • 運転免許証/パスポート/マイナンバーカード
  • 健康保険証(保険者番号/被保険者等記号/番号/枝番/QRコードの全てをマスキングで隠して提出)
シュガダ証明書の種類を選択

アップロードが終わったら選んだ公的証明書の種類を選択して、すぐ下にある自分の生年月日と一致していれば「年齢確認を始める」をタップ

管理人
管理人

承認されたらこれで年齢確認は完了です

期限はシュガダに登録してから7日以内なので注意してください

登録時に生年月日の設定を間違えてた場合

シュガダ年齢確認を始める

もし最初に生年月日の設定をミスってた場合は、↑の生年月日を正しい内容に変更してから「年齢確認を始める」をタップすればOKです

ちゃんと撮らないと承認されない

シュガダの年齢確認で承認されないケース

アップロードした物が上の図のように必要な情報が隠されてたり不鮮明な場合は承認されないので、非承認だった時はそこを意識して撮り直してみてください

健康保険証はマスキングが凄く手間なので、個人的にはそれ以外がお勧めです

【男性のみ】クレカで決済すれば年齢確認は不要

もし何度やっても年齢確認ができない場合、男性はクレカ払いで課金してしまえば本人証明なしでメッセージが出来るようになるので、どうしてもすぐに使いたい場合は最悪その方法でいきましょう

ちなみに、ブラックリストに入ってしまった場合でもこの方法であればBANされずに使えます(実際に試したので間違いない)

メッセージをするには年齢確認が必須

メッセージをするには年齢確認が必須

今までペアーズやタップルのような婚活や恋活のアプリをやった事がある人なら説明はいらないくらい簡単なので、秒で終わらせてメッセージが出来るようにしておきましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   


関連記事

  1.    SugarDaddy(シュガーダディ)

    SugarDaddy(シュガーダディ)の口コミや評判、登録方法

PAGE TOP