注目の記事 PICK UP!

パパ活でメッセージのやり取りから会うまでの流れを解説

 
パパ活でメッセージのやり取りから会うまでの流れを解説

今回はパパ活で実際に相手と会うまでの流れを解説していきます

流れに沿って注意事項も載せてるので、まだ誰とも合った事がない方はもちろんですが顔合わせから2回目に繋がらない方も見ておいてください

おすすめのパパ活サイト管理人おすすめのパパ活サイト

まずはメッセージのやり取り

最初の1通目は軽く挨拶【重要】

最初の1通目は軽く挨拶【重要】

いきなり条件の話をしたい人は多いと思うんですが、特にパパ側が金金してる女性を嫌がる傾向にあるのでとりあえず1通目のメッセージは挨拶程度(+会話のネタになりそうな内容)にしておくのが無難です

最初のやり取りでマイナスな印象(慣れてそう/めんどくさそう/高圧的/不誠実そうetc)を与えてしまうと顔合わせに繋がらない可能性が上がるので、まずはここでやらかさないように注意しましょう

そうは言っても毎回挨拶のメッセージを考えてたらキリがないので、相手に好印象を与える「テンプレに見えないオリジナルのテンプレ」を作って用意しておくと便利です

※もし分からない場合、下手に条件のテンプレ送るよりは「はじめまして。気になったのでメッセージしました!」みたいな感じの方がよっぽど印象は良い

効率を考えすぎてコミュニケーションを怠るとドタキャンが増えたりしてその方が効率が悪くなるので、効率的にいきたいならちゃんとメッセージはした方がいいです

条件や手当の確認

条件や手当の確認

最初の挨拶から2~3ラリーくらいやり取りが続いたら、そのあたりのタイミングでそれとなく条件の話をするのが一般的です(タイミングを逃したら顔合わせが決まってから「ちなみに・・」みたいな感じで切り出す時もある)

条件を聞く時は「条件」という言葉を使わずに、「今までどういう感じで会われてたんですか?」といったようなビジネス感を出さない聞き方をすると返信率が上がるので、個人的にはそっちの方がお勧めです

「どんな方を探してますか?」は返事に困るしその文章を送ってくる人が多すぎてうんざりされる可能性が高いのでNG

どちらかと言うとここは女性側がしんどい場面だと思いますが、相手に嫌悪感を抱かれずに条件が合えば次の顔合わせの日程調整に繋がるので、作業みたいになって雑な対応をしないように頑張ってください

※この段階で返事が来なくなる事があまりにも多い場合は、条件の内容(金額)や伝え方を1度見直した方がいいです

ちなみに、もしあなたが男性で、どうしても1回会ってみたい女性がいる場合は、相手に2回目以降の食事や大人の手当の話はせずに顔合わせの手当を「2以上」で伝えておくと会える可能性が一気に跳ね上がります

顔合わせの日時を決める

顔合わせの日時を決める

条件が(ある程度)一致したら顔合わせの日程調整に入りますが、相手が人気会員の場合はここでグダってしまうと他の人に埋もれて白紙になるケースがよくあります

なので、そうならないようにまずは自分の空いてる日時を伝えた上で、相手の都合の良い日や負担にならない待ち合わせの場所を聞くのがスマートです

管理人
管理人

うまくやればこのやり取りだけでも凄く印象が良くなる

あと最後にやり取りした日から会う日までが3日以上空く場合はもちろんとして、前日か当日くらいに「今日は予定通り大丈夫かどうか」の確認の連絡も必須です

悪質な相手だと確認の連絡に対してドタキャンの返事をしてくるケースも結構あるので注意しましょう(こっちが連絡しなかったら一体どうするつもりだったんだ)

で、もしこのパターンでドタキャンされた場合は次もドタキャンされる可能性があるし予定が不安定すぎるので、俺はもうこの段階で切るようにしてます

どんな感じか実際に会ってみる

遅刻は絶対にNG

遅刻は絶対にNG

もはや説明する必要はないと思いますが、数分ならまだしも15分以上の遅刻は相手によっては最悪な印象から顔合わせが始まってしまうので本当に気を付けてください

目安としては10分前に到着してるくらいでちょうどいいです

事前に待ち合わせ場所をgoogleマップで確認しておいて、移動時間+30分くらいの余裕を持って家を出る癖を付けておくと何かアクシデントがあった時にも対応しやすいです

ちなみに万が一遅刻してしまう場合は下手に言い訳せず素直に謝った方がいいですが、絶対にバレない自信があるなら嘘を吐くという手もなくはないです

会える頻度や条件の再確認

条件や手当の確認

問題なく会えたらとりあえず挨拶して、最初に軽く雑談した後に今後の関わり方と条件を確認(人によっては再確認)しておきましょう

慣れてない人だと雑談だけして条件の話は何もせずにお開きにしてしまう事もあるようですが、友達として会ってるわけではないのでそこはきっちりしておいた方がいいです

ちなみに大人の金額を一番上げやすい方法は男性が誘ってきた時なので、安売りしたくない(相場以上を求める)女性はそのタイミングを狙うのがお勧めです

※会う前に3って言ってきた男性でも会った後に5になったケースが結構ある

良い感じの人ならLINEは交換しておこう

良い感じの人ならLINEは交換しておこう

相手が自分を気に入ってくれたかはさておき、ここで受け身になるのはリスクがあるので、あなたがもしまた会いたいと思ったならストレートにLINEを聞いておくと後で後悔しないです

※もしここで断られた場合(「サイト内でやり取りしましょう」とか)は、一旦仕切り直してサイト内で再度やり取りした方がいい

女性に断られた場合は脈無しの可能性が高いですが、男性(特に既婚者)で連絡先の交換を控えてる人は結構いるので、サイト内でやり取りが続くようなら特に問題はないです

お礼の連絡は必須

お礼の連絡は必須

相手と連絡先を交換できた場合は、(どっちが上かはさておき)手当を貰った女性側からお礼の連絡をするのがマナーになってます

送るタイミングとしては解散してから1時間後くらいが無難で、もし相手が良い感じの人だったら寝る前におやすみメール的な感じで仕掛けるのも割と効果的だと思います

ただ変に勘違いしてくる人もいるんで、それに対応できる自信がないのであれば普通にお礼だけにしておきましょう

(返事があれば)次に会う日を決める

普通はお礼の連絡に対して何らかの返事が来るはずなので、条件や人柄的に次もありだなと思ったらそのまま2回目に会う話に持っていって問題ないです

お礼に対して返事がない場合はお断りという意味なので把握しておいてもらいたいのと、これが何度も続いた場合はなぜ駄目だったのかを考える必要があります

定期的に会える人が何人か出来たら
本当に楽になる

定期的に会える人が何人か出来たら本当に楽になる

最初のやり取りから会うまでの流れとしては↓こんな感じです

  1. 挨拶→条件や手当の確認→顔合わせの日程調整
  2. 会った時に条件の(再)確認→連絡先交換
  3. お礼の連絡→(返事があれば)次に会う日を決める

1回会った相手なら↑の1と2をする必要がなくなるので凄く楽になるし、男性によっては気に入った女性には甘くなる人も結構いるので、茶飯乞食みたいな事を繰り返すよりは継続して会える人(定期)を何人も増やしていった方が賢いです

※良いか悪いかはさておき、会いたい時だけ連絡できるようにもなる

ただ基本的には会えば会うほど相手の好意や感情が上がっていって距離感の調整が難しくなりがちなので、プライベートに入られたくない人はそこだけ注意しましょう

まあ感情が止まらない人はそれはそれでカモでしかないんですが、既婚者とか彼氏持ちでリスクがあるなら何か理由を作って上手くかわすしかないです

管理人
管理人

ちゃんと理解してくれる人は少ない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   


関連記事

  1.    【女性用テンプレ】パパ活での初回手当の交渉の仕方

    【女性用】パパ活の手当や条件交渉のメッセージテンプレと改善点

  2.    パパ活の条件や手当の相場(顔合わせ/お茶/食事/大人)を紹介

    パパ活の条件や手当の相場(顔合わせ/お茶/食事/大人)を紹介

  3.    【女性用】パパ活でメッセージを送る前に注意しておきたい心構え

    パパ活初心者の女性が損をせずに稼ぐための注意事項

  4.    【定期にしたい】当たりのパパ活女子を効率良く見極める方法

    【絶対に手放すな】当たりのパパ活女子の共通点

  5.    【お勧めしない】できれば避けたい地雷パパの特徴

    【お勧めしない】できれば避けたい地雷パパの特徴

  6.    【女性用】パパ活で損しないための基礎知識

    【女性用】パパ活で損しないための基礎知識

  7.    パパ活女子の「定期で1人探しています」の本当の意味を教える

    パパ活女子の「定期で1人だけ探してます」の本当の意味を教える

  8.    良い子かどうかをしっかり見極めよう

    【定期には難しい】おすすめできない地雷傾向のあるパパ活女子の特徴

  9.    交際倶楽部≪男性用≫について

    【男性用】パパ活で損しないための基礎知識

PAGE TOP